悩む人

働いた分きちんと残業代請求するためには何をするべきか

パソコンと砂時計

ブラック企業という言葉をよく耳にするようになり、働き方改革が実施されていますが現実は厳しく残業代請求が出来ない中小企業がたくさんあります。就業時間外での勤務時間は、暗黙の了解でサービス残業が当たり前になってしまうと自分だけ声を上げて残業代請求をすることも怖くなりなかなか言い出せないと思います。真面目に働いていてもその時間がなかったことになってしまうと残業せずに帰った職員と同じくらいの給与になってしまいます。
このような事を防ぐためにも自分で行動することが大事です。しかし、行動するといっても直接会社へ交渉して揉め事になるのは面倒ですし、その後に働きにくい環境になるくらいならと我慢している人も多いです。そんなときは、法律事務所に相談をすることをオススメします。
法律や就業規則に基づいて自分が働いた分の残業代を支払ってもらえるようなサポートをしてくれます。面倒くさい感じがする残業代請求ですがプロにお任せすることで必要な情報を教えてくれるので一人で動くより格段にスムーズに対応することができます。実際に弁護士に相談し残業代の支払いを受けた方がいます。ニュースやネットなどで働き方について難しいことを言われていますが、困った時こそプロに頼ることで解決策を導いてくれるので安心してお任せすることができます。

営業職の残業代請求は法律事務所に相談

今回は営業の人の残業代について考えてみます。営業の場合は時間が不確定なことが多く、残業代がつかない企業が多いと言われています。得意先に出向いてそのまま直帰することがあります。つまりタイムカードなどで管理できない場合が多いです。その代わり営業手当のようなものが大体の企業が用意しています。
しかし時には夜遅くまで会社に残っていろいろな業務を行うことがあります。その手当はどのように残業代請求したら良いのでしょうか。やはり自己申告制にして残業代請求するしかないと思います。中には休日に出勤して営業業務に付随した業務や報告書の作成などを行っている人もいます。
そのような業務に対する残業代請求をしていかなければならないということです。会社にそのようなルールが無い場合には法律事務所に相談してみたほうがいいでしょう。会社としては直接残業や休日出勤を指示していないと主張するかもしれませんが、実際にはそのようにしないと業務が終わらないこともあります。弁護士さんに相談して、会社に請求できる権利があります。今までは泣き寝入りをしていた人が多いと思います。やはり定時以降の労働の分はきちんとお金をもらうべきです。一歩を踏み出す勇気をもらうためにもまずは相談してみましょう。

残業代請求は立派な権利の主張です

あなたは月にどのくらいの残業を行っていますか。その残業代はしっかりと支払われていますか。もしサービス残業を行っているのであれば、今すぐやめてしっかりと残業代請求をしましょう。政府の働き方改革で日本の企業は、従業員の働き方を見直してきました。しかしながら、いまだ多くの人がサービス残業を強いられているのが現状です。特に真面目で頑張り屋な人ほどサービス残業を当たり前のように行い、残業代請求を出来ずにいます。
自分の能力を証明したい、自分を認めてほしい、というおもいから、上司からの不当な要求にもイエスを答え、残業を受け入れてしまうのです。そして、長年行ってきた悪い習慣を打破出来ずノーと言えない人間になってしまいます。しかし本来、残業代請求をすることは当然の権利であり、しなければならないのです。
従業員は会社の為に、自分の時間を犠牲にする必要はありません。しっかりと主張しましょう。しかし、どのように残業代請求をするのか分からないとお悩みの方はまずは、法律事務所に相談しましょう。個人で企業に立ち向かうのは勇気がいります。法律事務所にはあなたを守ってくれるプロがいます。迷わず安心して彼らを頼りましょう。きっと明るい未来へ導いてくれます。

イチオシ

労働者の正当な権利を行使して残業代請求しよう

仕事にはどうしても残業が付き物と言っても過言ではないと思います。しかし、その残業に対してきちんと報酬が支払われているでしょうか。社内にはさまざまな独自のルールで残業代を支払われていないケースが多々あるのです。業界によっては残業は当たり前となってしまっていたりするので、残業代請求を諦めている人も多いと思います。…

MORE

支給額が少ないと思ったら残業代請求しましょう

働いているみなさんは、今の会社で残業をしていますか?ほとんどの人は多少の違いはあっても残業していると思います。では、残業手当ては法律にのっとって正しい額を支給されていますか?これにイエスと言える人は少ないのではないでしょうか?組合のあるような会社であれば、監視機能が働いているので、それほどごまかされている…

MORE

弁護士の力を借りれば残業代請求ができる

残業代請求をしたいというとき、真っ先に相談しようとする場所として、「労働基準監督署」が浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この「労働基準監督署」は、いざかけあっても、動いてくれないことが少なくありません。「こんなはずでは」と疲れ果て、泣き寝入りする場合も多いようです。今回は、「労働基準監督署」がしてくれ…

MORE

支払われなかった分の残業代請求をするためのベストな方法

会社員などの労働者にとって今や残業は、長時間労働の代名詞になっていますが、その残業代が支払われないといったケースも見られます。請求したら解雇されるのではと悩んで黙ったままでいたり、ただ働きを黙認しているのは労働環境の悪化につながります。だからこそ残業代請求を諦めるのではなく、法律事務所に相談することを選ぶ…

MORE

記事リスト